カナダ生まれの息子たちが小学生になったばかりの頃、レゴで遊びながら、どこかで聞いたことのある歌を口ずさんでいました。近寄ってよーく聴いてみると、なんとカナダの国歌 オーカナダ  O Canada

Whistler Mountain

Whistler Mountain

小さな子供が国歌を歌いながら遊んでいるなんてちょっとビックリですが、カナダの学校には校歌がなく、集会では代わりに国歌を歌います。また、アイスホッケーのようなスポーツ大会の試合前にも歌うので、カナダに住んでいれば小さな子供でもよく知っている歌なのです。

Read More →

バンクーバーから車で北に約2時間走れば、世界的に有名なマウンテンリゾートウィスラーに到着。冬はスキーやスノボなどウィンタースポーツに最高、夏はマウンテンバイクやハイキングができる避暑地。

Whistler Mountain-3

でも実は、レストランやカフェが充実しているグルメリゾートでもあるのです。特に真夏には、ウィスラーマウンテンの天空のバーベキューがおすすめ。

Read More →

バンクーバーの北約125kmにあるマウンテンリゾート、ウィスラー   ここに来たら絶対乗りたいのが、ウィスラーブラッコムの2つの峰を約11分で結ぶ最新鋭のゴンドラ、PEAK 2 PEAK ピーク・トゥー・ピーク。

Peak 2 Peak-2

全長4400mが支柱4本で支えられ、支柱のない中央区間の距離3024mは世界最長谷底からの高さ436mも世界最高。さらにゴンドラとリフトで乗り継げる総距離も世界最長という3つの世界記録があるのです。

Read More →

1889年に最初の橋を架けてから昨年125周年を迎えたキャピラノ吊り橋公園。今では年間80万人が訪れる人気の観光スポットです。

Capilano Suspension Bridge-45

キャピラノ Capilano は、先住民スコーミッシュ族の言葉で美しい川 Kia’palano を意味します。先住民族は約8千年前からこの地で鮭漁をし、木の実を集め、赤杉でトーテムポールを作り、豊かな自然と共存しながら平和に暮らしていました。

Read More →

お天気のいい週末に、バンデューセン植物園に行ってきました。2011年に改築されたビジターセンターは、真上から見ると大きく花開いたランの形をしています。

VanDusen16

お目当ては満開のキバナフジ 初夏の5月中旬から6月初旬にかけて、2〜3週間だけ観られる花の小道、Laburnum Walk ラバーナム・ウォーク。

Read More →

もぎたての朝どりトマトに、緑の葉っぱが美味しそうな春キャベツ、すぐにでもおひたしにしたい立派な水菜。今晩のおかずは何にしよう。

FarmersMarket - 02

あっ、残念、人気のアスパラガスはもう売り切れ、やっぱり朝一番に来なくちゃダメね。このグリーンピースはとっても甘そう。ニンジンはこっちのブロッコリと軽く蒸して、ニンジンの葉っぱのほうは豆腐ハンバーグに混ぜようか、いや、かき揚げが美味しいかな。

Read More →

カナダ土産で必ず選ばれるのはメープルシロップサトウカエデの樹液を煮詰めた天然甘味料で、世界では主にカナダ東部のケベック州やオンタリオ州で生産されています。

Maple Delights 01

バンクーバーで買うなら、ギャスタウンにあるメープルデライツがおすすめ。メープル製品専門店だけあって、やっぱり品揃えが違います。

Read More →

バンクーバーといえば、一度は食べたいのがスモークサーモン。日本ではあまり知られていないことですが、カナダには、ホントにいろんな種類があるのです。

Whole Foods Market

日本では、北欧風で半生タイプのソフト・スモークサーモンが有名ですね。15~30℃の煙でいぶした冷燻タイプで、サーモンロックスとも呼ばれています。

Read More →

アールデコ様式の美しいマリンビルディングの1階にJJビーンができたのは2013年の冬。それ以来、この壮麗なオフィスビルのロビーには、いつも誘惑的なコーヒーの香りが漂い、前を通るたびに足が勝手に方向転換して入っていってしまうのです。

Marine Building001

コーヒーだけでなく、大きなマフィンやサンドイッチなども全部店内で作るからいつも新鮮。イートインにすると、無料でサラダを添えてくれることも。

Read More →

10年ほど前のある日、グランビルアイランドのパブリックマーケットを歩いていると、Oyama Sausage Co. という看板が目に入りました。オヤマさん?オーヤマさん?日系人の店?と興味をひかれ近寄ると、ショーケースに並ぶのは多種多様なハムやソーセージ。そのほとんどが見たこともないもので、名前もドイツ語だったり、フランス語だったりで、なかなかすんなり読めません。

Oyama 1

へえ~と眺めていると、「サンプルはいかが?」とお店の人がお皿を差し出してくれました。その笑顔にうながされるままハムを一切れもらって口に運ぶと、あらら、美味しいじゃない! スーパーのデリで売られているハムはどうにも塩辛く、舌に添加物のかすかな苦みが残るので買いませんが、これはまったくの別物。肉の風味が生きていて、濃厚な旨味がじわじわと口中に広がります。

Read More →