バンクーバーから車で北に約2時間走れば、世界的に有名なマウンテンリゾートウィスラーに到着。冬はスキーやスノボなどウィンタースポーツに最高、夏はマウンテンバイクやハイキングができる避暑地。

Whistler Mountain-3

でも実は、レストランやカフェが充実しているグルメリゾートでもあるのです。特に真夏には、ウィスラーマウンテンの天空のバーベキューがおすすめ。

Read More →

もぎたての朝どりトマトに、緑の葉っぱが美味しそうな春キャベツ、すぐにでもおひたしにしたい立派な水菜。今晩のおかずは何にしよう。

FarmersMarket - 02

あっ、残念、人気のアスパラガスはもう売り切れ、やっぱり朝一番に来なくちゃダメね。このグリーンピースはとっても甘そう。ニンジンはこっちのブロッコリと軽く蒸して、ニンジンの葉っぱのほうは豆腐ハンバーグに混ぜようか、いや、かき揚げが美味しいかな。

Read More →

カナダ土産で必ず選ばれるのはメープルシロップサトウカエデの樹液を煮詰めた天然甘味料で、世界では主にカナダ東部のケベック州やオンタリオ州で生産されています。

Maple Delights 01

バンクーバーで買うなら、ギャスタウンにあるメープルデライツがおすすめ。メープル製品専門店だけあって、やっぱり品揃えが違います。

Read More →

バンクーバーといえば、一度は食べたいのがスモークサーモン。日本ではあまり知られていないことですが、カナダには、ホントにいろんな種類があるのです。

Whole Foods Market

日本では、北欧風で半生タイプのソフト・スモークサーモンが有名ですね。15~30℃の煙でいぶした冷燻タイプで、サーモンロックスとも呼ばれています。

Read More →

アールデコ様式の美しいマリンビルディングの1階にJJビーンができたのは2013年の冬。それ以来、この壮麗なオフィスビルのロビーには、いつも誘惑的なコーヒーの香りが漂い、前を通るたびに足が勝手に方向転換して入っていってしまうのです。

Marine Building001

コーヒーだけでなく、大きなマフィンやサンドイッチなども全部店内で作るからいつも新鮮。イートインにすると、無料でサラダを添えてくれることも。

Read More →

10年ほど前のある日、グランビルアイランドのパブリックマーケットを歩いていると、Oyama Sausage Co. という看板が目に入りました。オヤマさん?オーヤマさん?日系人の店?と興味をひかれ近寄ると、ショーケースに並ぶのは多種多様なハムやソーセージ。そのほとんどが見たこともないもので、名前もドイツ語だったり、フランス語だったりで、なかなかすんなり読めません。

Oyama 1

へえ~と眺めていると、「サンプルはいかが?」とお店の人がお皿を差し出してくれました。その笑顔にうながされるままハムを一切れもらって口に運ぶと、あらら、美味しいじゃない! スーパーのデリで売られているハムはどうにも塩辛く、舌に添加物のかすかな苦みが残るので買いませんが、これはまったくの別物。肉の風味が生きていて、濃厚な旨味がじわじわと口中に広がります。

Read More →

最初にこの店の前を通った時には、そのおしゃれな雰囲気に気圧されて、何となく入りにくい気がしました。有名なインド料理レストラン ビジュ Vij’s が、テイクアウト用カレーを販売するカジュアルな店を隣にオープンしたとは聞いていましたが、高級住宅地ショーネシーのお膝元だから、きっと取り澄ました店に違いないと先入観いっぱいだったのは事実。

Rangoli 1

ところがある日、ランチを食べそこねてさまよっていたところ、目に留まったのがランゴーリ。外に張り出されているメニューを見ると、ん?意外とお手頃! もうこの時点では、気後れよりもなによりも、胃袋の方が「入れ入れ」とうるさくて。

Read More →

美味しいベーカリーがたくさんある神戸に育ったからか、子供の頃からパンが大好き。香ばしく焼けたパンの色に目が喜び、食欲をそそる香りに記憶が刺激される特別な場所。おなかが空いている時に入ろうものなら、あれもこれもどれもそれもみんなほしくなってしまうから大変。家に着くまで待ちきれず、買ったばかりのパンをちぎりながら帰るのも、子供の頃からの私のクセ。

Terra 1

グランビルアイランド店

バンクーバーに移民してからは、テラブレッドが私のホームベーカリーになりました。

Read More →

季節外れの寒い日には、トーマス・ハースの正真正銘ホットチョコが飲みたくなります。高級チョコを溶かした濃厚な風味は、ここでしか味わえないもの。一口飲んだら、甘ったるいだけの偽ココアが飲めなくなりますよ~♪

ThomasHaas01

バンクーバーには意外にも世界最高レベルの店がたくさんあるんですが、この店もそのひとつ。

Read More →

英国情緒漂う街ビクトリアまで行かなくても、バンクーバーにも本格的なアフタヌーンティーが楽しめるティーサロンはたくさんあります。その中で最も人気なのがシークレットガーデン。

Secret 1

ダウンタウンからバスで約30分の住宅地、ケリスデール Kerrisdale にあり、客層は近くにお住まいの落ち着いたご婦人方という印象。

Read More →