昔は直火で調理していたので、鍋もやかんも煤で真っ黒でした。そこから、真っ黒になった鍋が自分の姿を知らずに同じく真っ黒になったやかんを笑うという例え話が生まれました。

Pot

欠点のある人が、自分の欠点に気づかないで、他人の欠点をけなしたり笑ったりしている姿を嘲笑するときに使います。別の言い方をすれば「似たり寄ったり」「目くそ鼻くそを笑う」でしょうか。

Read More →

バンクーバーは1970年代に国際的な環境保護団体グリーンピースを生んだ街。今もエコを考え健康志向の高い人々が多く暮らしています。ヨガや代替医療が盛んで、動物愛護や地産地消に対する意識が高く、カナダの他の都市よりちょっとリベラルな雰囲気。

Whole Foods 1

ウェストバンクーバー店

そんなバンクーバーに、全米や英国に160以上の店舗を構える自然食品店ホールフーズ・マーケットが出店したのは当然のことでした。2004年にオープンしたウェストバンクーバー店は、売場面積2700平方メートルの大型店!

Read More →

20世紀初頭から米国で使われ始めた言葉。昔のディズニー漫画のように、ものすごーく怒って、耳から蒸気を噴き出しながら飛び上がり、天井にぶち当たるような描写がぴったり。

hit the roof

単に怒るだけでなく、いきなりカッとするというニュアンスがあります。大人的な日本語なら「怒髪天を衝く」、若者表現なら「 激おこプンプン丸になる」とか「ブチギレる」とかでしょうか。

Read More →

how old are you

× How old are you? 何歳ですか?

日本人は自分よりも目上か目下かを確認してから相手に対する言葉遣いや態度を決めるので、日本語の会話に年齢はある程度必要な情報ですが、英語人は年齢を話題にされるのを嫌います。10歳以下の子供ならかまいませんが、実年齢よりも小さく見られることを気にする子供もいるので、You look younger.(小さく見えるね)などと言わないように気をつけましょう。

Read More →

大切な約束に遅れそうになり、必死に走って来た私。「ずっと走ってきたから汗かいちゃった。あー、暑いわぁ。」という意味で、I’m very hot! とひとこと。その場に居合わせた男性陣が、意味ありげにニヤリとしたのはなぜでしょう。

hot

実は hot には、「暑い・熱い」の他に、「性的に興奮した、発情した」という意味もあるんですね。つまり私は「すごく欲情してるの!」と言ったのと同じことになるのです。I feel hot. も気をつけましょう。女性は I’m very warm. のほうが無難かも。

Read More →

昔からヨーロッパでは、赤ちゃんが生まれて洗礼を受ける時、その子の富と幸福を願って、小さな銀のスプーンを贈る習慣がありました。

Silver Spoon 010

特に16~17世紀のイギリスでは、柄にキリストの十二使徒を彫刻した使徒のスプーンが流行。経済力のある貴族が名付け親であれば、洗礼を受けた赤ちゃんには銀製の使徒のスプーン12本が贈られました。

Read More →

今年で第5回を迎えるホットチョコレート・フェスティバル♡ 今日はご近所のジェムチョコレートココアリリーをいただきました。ホワイトチョコレートに黒ごまが溶け込んで絶妙なコンビネーション♪ ちょこんとのっているチョコのお花がキュート☆ ルノアールの名画「睡蓮」から着想を得たそうです。

Gem Chocolates-7

ジェムチョコレートはプラリネ(ボンボン・オ・ショコラ)もちょっとユニーク♪ 一番前のオレンジピールがのっているのは、イチジク+クルミ+オレンジ+シナモンを合わせたフルートバー Frootbar。甘さ控えめでフレーバーがしっかり伝わってきます。

Read More →

2013年6月20日に発生したアルバータ州南部の大洪水は、千葉県の約10倍にあたる面積が被害に遭い、1万軒以上の家屋が浸水し、10万人を超える住民が避難するというカナダ史上最大規模の自然災害でした。

Unsung Hero

それでも命を落とした方が4名にとどまったのは、州政府や警察の公式情報を数えきれないほどの人々がツイッターで拡散し続けたことが迅速な救助や避難に役立ったからだといわれています。

Read More →