もぎたての朝どりトマトに、緑の葉っぱが美味しそうな春キャベツ、すぐにでもおひたしにしたい立派な水菜。今晩のおかずは何にしよう。

FarmersMarket - 02

あっ、残念、人気のアスパラガスはもう売り切れ、やっぱり朝一番に来なくちゃダメね。このグリーンピースはとっても甘そう。ニンジンはこっちのブロッコリと軽く蒸して、ニンジンの葉っぱのほうは豆腐ハンバーグに混ぜようか、いや、かき揚げが美味しいかな。

Read More →

カナダ土産で必ず選ばれるのはメープルシロップサトウカエデの樹液を煮詰めた天然甘味料で、世界では主にカナダ東部のケベック州やオンタリオ州で生産されています。

Maple Delights 01

バンクーバーで買うなら、ギャスタウンにあるメープルデライツがおすすめ。メープル製品専門店だけあって、やっぱり品揃えが違います。

Read More →

バンクーバーといえば、一度は食べたいのがスモークサーモン。日本ではあまり知られていないことですが、カナダには、ホントにいろんな種類があるのです。

Whole Foods Market

日本では、北欧風で半生タイプのソフト・スモークサーモンが有名ですね。15~30℃の煙でいぶした冷燻タイプで、サーモンロックスとも呼ばれています。

Read More →

10年ほど前のある日、グランビルアイランドのパブリックマーケットを歩いていると、Oyama Sausage Co. という看板が目に入りました。オヤマさん?オーヤマさん?日系人の店?と興味をひかれ近寄ると、ショーケースに並ぶのは多種多様なハムやソーセージ。そのほとんどが見たこともないもので、名前もドイツ語だったり、フランス語だったりで、なかなかすんなり読めません。

Oyama 1

へえ~と眺めていると、「サンプルはいかが?」とお店の人がお皿を差し出してくれました。その笑顔にうながされるままハムを一切れもらって口に運ぶと、あらら、美味しいじゃない! スーパーのデリで売られているハムはどうにも塩辛く、舌に添加物のかすかな苦みが残るので買いませんが、これはまったくの別物。肉の風味が生きていて、濃厚な旨味がじわじわと口中に広がります。

Read More →

「オーガニックのほうが美味しくて安全なことは分かってるけど、今まで買ってたもの全部を変えると経済的に苦しくなるし」と多くの人が思います。確かに一般品に比べれば、オーガニック食品は少々割高。では、毎日食べるものの1割だけでもオーガニックにしては? 10種類のものを買うなら、子供がよく食べる1種類だけでもオーガニックを選ぶとか。

Choices 1

手始めにブロッコリーやブドウ、イチゴなど皮をむかずに食べる野菜や果物からオーガニックに切り替えていくのも一案。残留農薬や有毒物質は脂肪分に溜まることが多いので、植物油やバター、牛乳、チーズ、卵、肉類だけでもオーガニックにすればちょっと安心。

Read More →

空気の存在があたりまえのように、の存在もふだん意識することはあまりありません。水道の栓をひねればいつでも流れ出てくるきれいな水。でも世界では、水不足と水質汚染が年々深刻になっています。

Mt. Maxwell Provincial Park

Mt. Maxwell Provincial Park @ Salt Spring Island

地表の7割を占める水。この太陽系で、なぜ地球にだけ水があるのでしょう。地球の創世記に地殻変動があり、火山の爆発で発生した大量の水蒸気が冷えて海になったという説や、巨大な氷塊のような隕石が地球に衝突したという説もありますが、詳しいことはまだわかっていません。ただひとつ確かなことは、水はもうどこからも来ないということ。

Read More →

レタスにトマト、ジャガイモにブロッコリー、スーパーに行けば一年中いつでも見られる野菜の代表格。ハウス栽培や冷蔵技術の進歩、世界各地からの輸入により、近頃はどんな野菜も季節に関係なく手に入るようになりました。

確かに手軽ですが、健康と美味しさのことを考えると喜んでばかりはいられません。

Shun 1

例えばトマト。真冬のスーパーに並ぶトマトは、室温を上げた温室で照明を長時間あてて、化学肥料で促成栽培されています。植物は必要以上に栄養を与えられると、それを薄めようとして水をたくさん吸収します。そのため大きく育ちますが、旨味が薄く水っぽく感じられることも。

Read More →

「あまーい、味が濃いねぇ!」オーガニックの野菜や果物を初めて食べた人は、みんな異口同音に驚きます。年配の方なら、昔の味がするとおっしゃるでしょう。

Organic 1

農薬や化学肥料が登場する以前、ほんの70年ほど前の野菜は、当然のことながらすべてオーガニックでした。有機野菜のうまみや味が特別なのではなく、それが本来の野菜の味なのです。

Read More →

バンクーバーは1970年代に国際的な環境保護団体グリーンピースを生んだ街。今もエコを考え健康志向の高い人々が多く暮らしています。ヨガや代替医療が盛んで、動物愛護や地産地消に対する意識が高く、カナダの他の都市よりちょっとリベラルな雰囲気。

Whole Foods 1

ウェストバンクーバー店

そんなバンクーバーに、全米や英国に160以上の店舗を構える自然食品店ホールフーズ・マーケットが出店したのは当然のことでした。2004年にオープンしたウェストバンクーバー店は、売場面積2700平方メートルの大型店!

Read More →