刑事事件の裁判で陪審員が評決を出すときの言葉は、guilty=有罪か not guilty=無罪。ではなぜ innocent=無実とは言わないのでしょうか。

law courts

検察の仕事は、犯罪が行われ事実を合理的な疑問を残さないように証明すること。つまり、起訴された人物が確かに罪を犯したと100%証明できれば有罪となります。これを英語では prove beyond a reasonable doubt といいます。

Read More →

old school → 昔の学校 → 厳格な教育 → 伝統的なやり方 → 古い習慣を守っている → 古風 → 保守的 → 旧態依然 → 時代遅れ

Old-school

まるで連想ゲームのようですが、言葉とは進化するもので、時代とともにその意味も変化していきます。

Read More →

how old are you

× How old are you? 何歳ですか?

日本人は自分よりも目上か目下かを確認してから相手に対する言葉遣いや態度を決めるので、日本語の会話に年齢はある程度必要な情報ですが、英語人は年齢を話題にされるのを嫌います。10歳以下の子供ならかまいませんが、実年齢よりも小さく見られることを気にする子供もいるので、You look younger.(小さく見えるね)などと言わないように気をつけましょう。

Read More →

大切な約束に遅れそうになり、必死に走って来た私。「ずっと走ってきたから汗かいちゃった。あー、暑いわぁ。」という意味で、I’m very hot! とひとこと。その場に居合わせた男性陣が、意味ありげにニヤリとしたのはなぜでしょう。

hot

実は hot には、「暑い・熱い」の他に、「性的に興奮した、発情した」という意味もあるんですね。つまり私は「すごく欲情してるの!」と言ったのと同じことになるのです。I feel hot. も気をつけましょう。女性は I’m very warm. のほうが無難かも。

Read More →