お天気のいい週末に、バンデューセン植物園に行ってきました。2011年に改築されたビジターセンターは、真上から見ると大きく花開いたランの形をしています。

VanDusen16

お目当ては満開のキバナフジ 初夏の5月中旬から6月初旬にかけて、2〜3週間だけ観られる花の小道、Laburnum Walk ラバーナム・ウォーク。

VanDusen3

VanDusen4

キバナフジは、英語で Laburnum ラバーナム、別名 Golden Chain ゴールデンチェーン。日本語ではキングサリ(金鎖)と呼ばれます。フジと同じマメ科ですが、フジとは別属で、エニシダに近いものだそうです。

寒冷地によく育ち、欧米ではよく見かける街路樹です。バンクーバーではバンデューセン植物園の群生が最も有名。

VanDusen8

キバナフジの下には、アリウム・ギガンチュームも満開! ネギ科の球根花で、星形の小花が無数に咲いてボールみたい。下から見上げると金色の光が降りそそぐようで、なんだか幸せ気分♪

VanDusen11

これを観るためだけに、世界中から写真家が訪れるのもわかります。

VanDusen9

バンデューセン植物園の見どころは、他にもいっぱい♪ いろんな種類のリスやマガモのカップル、カナダガンも見かけます。

VanDusen12Canada Geese @ VanDusen Gardens-2

この時期にバンデューセンを訪れたら、もう一カ所、ぜひ足を運びたいのがシャクナゲの小道、Rhododendron Walk ロードデンドロン・ウォーク。キバナフジとほぼ同じ時期に満開になるのです。

VanDusen13

おすすめの散策路は、シャクナゲの小道と平行して木々の中を通る落葉ツツジの小径、Deciduous Azaleas デシデュアス・アゼーリアス。花との距離が近いので、こんな風に撮れちゃいます。

VanDusen 20

植物園の面積は22ヘクタールで東京ドームの1.7倍の広さがあるので、季節に合わせて見どころを絞って回るのがコツ。

キバナフジやシャクナゲの小道は園内の南側に集中しているので、時間がないときには、そこだけを狙って行くのもおすすめです。

VanDusen Map

☆クリックするとPDFで大きな地図が開きます☆

正面玄関のビジターセンター内には素敵なギフトショップや美味しいランチが楽しめるトラッフルズ・カフェもあるので、ゆっくり時間をとってお越しください。

ウェブサイト:VanDusen Botanical Garden
Googleマップ

Facebookアルバム
☆フェイスブック・アカウントがなくても閲覧可能☆

更新:2015年06月1日

LINEで送る

Comments are closed.

Post Navigation